お婆さんから聞いた、ごんべえ峠の名の由来

長野県の上伊那に、祖父母の家がありました。
今では、お爺さんもお婆さんも亡くなってしまい、伊那に行く機会はありません。
関西に住んでいるので、何か特別な用事でもなければ、伊那に行くのは大変なのです。

行かないようになってから、良い所だったなと、しみじみ感じています。
伊那はとてもへんぴな所です。
伊那では米がたくさん取れることを、昔から誇りにしていたようです。
ごへい餅をよく食べました。

お婆さんから聞いた「ごんべい峠」の名の由来は、ネットで調べると全く違ったストーリーでした。
お婆さんによると、木曽ではお米がとれなくて可哀想だから、伊那のごんべえさんがお米を届けていたという話でした。
ところがネットで調べた話によると、伊那のごんべえさんは、木曽から来た人と、大食い競争をしたそうです。
そのとき木曽の人は、食べ過ぎで死んでしまったそうです。
そのことを気の毒に思ったごんべえさんは、お詫びとして、木曽にお米を届けていたそうです。

要するに、お婆さんを含めて伊那の人は、伊那のごんべえさんを贔屓にして、お話しを作り変えてしまったのだと思います。
でも、そこが田舎の人らしくて、ご愛嬌です。xn--t8j4aa4nz56ldlhw7nlio9wk0s6g40e.xyz

K1ゲームの特徴。実はかなりのこだわりがある

PS2などで人気があるK1ビーストアタックなどのゲームは実は細部に渡りこだわりが多いです。

例えばレイセフォーならノーガードからのブーメランフック、レミーボンヤスキーならフライングニーなども再現されてます。

こういう大技は確かに 皆さん あ、わかるとなるでしょう。

でも細かく再現されてるのでルスランカラエフなどカウンターでやられたらコントみたいにHPが減ります。

逆にチェホンマンとか なかなかKOできないです。

マィティモー、ゲーリーらなら一撃が恐ろしいものがありました。

実況中継とかラウンドワンとか言うナレーションが当時のK1の解説してた人と同じです。

谷川貞治さんや三宅アナは うまさも光ってます。

武蔵なら原作通り 判定を狙ってミドルキックからのヒットアウエーで WGPモードは優勝狙いやすい感じです。

ルスランやバダハリなら イケイケで攻めた方がゲームでも 一気にKOに繋げれます。

セフォーは一撃もあるし技も多彩だし 原作通りの ノーガード戦法も技にあるので 使うと原作そのものって感じです。参照ページはこちらから

シュプレヒコールをやると

夜は血糖値があがるのか、疲れがたまるのか、活力が余りでません。
基本、血圧も低い人なので、lowでいたいと思っています。
あんまり、おーってなる人間ではないのです。
それでも、シュプレヒコールをやったことはありましたけどね。

シュプレヒコールをやる時、周りは大体燃えている人が、絶叫したり、調和したりするので、ある程度、会わせますけれど、終わったあと、へとへとになります。
我ながら思うのですが、なんで、こんなに体力や燃える闘魂がないのでしょう。
全くのんびりとした男だと思っています。

いわゆるぽこちん野郎なんでしょうか。
さっぱり元気が出なくて、だるくて、となっています。
世の中、悲観しているのでしょうかね。
なんか人生を楽しみたいといつも思っています。

中々かなわない場合がほとんどですが、その内開けてくると、僕は信じています。
大丈夫です。
絶対に良くなりますが、体力をつけたいとは思います。
余りにも疲れやすすぎて、気力がないです。http://titul-nsk.biz/

雑感と愚痴とまるころと母親

どうにも、食後の血糖値が高い親がキレているようですね。
さらに食べすぎで、歯が痛いようです。
うまくやらないと、又、キレたり、愚痴られたりするので、困ってしまいます。
とはいっても、加齢だよなあと思ってしまうのですけどね。

なんでも、見ていたら、まるころが利用者に突っ走っていったという事になり、それから利用者が、何か話していたようですが、親の愚痴が、本当にうるさくて耐えられなくなる時があります。

愚痴って、まあブログにぶつけている所もありますが、基本的に嘆きだとか、無意味なのですよ。
つまらない人の陰口は、当然親もたたいているわけですし、人がどうなんて言える身分なんて、世の中の人間、ほとんど言えないですよ。

と思いながら、結局、僕って、なんだったんだろうなあとか思っているんですけど、今、母に言ったら、確実にキレるだろうと思っているので、反応せずに、犬と遊んでいた方がいいでしょうねという事です。よく利用者が呼びにくるなと思いました。